書き方

お知らせ:2021年7月28日更新

読書感想文の書き方:最後のまとめの魔法の言葉

魔法の言葉たちを紹介します。感想文の最後のまとめとして、本を読んで考えたことを書くといいでしょう。特にこれまでのことを反省し、何かを決意したことを伝えるといいと思います。ちょっと恥ずかしいかもしれません。でも先生向けにはこのようなものがいいと思います。このままでも使えますが、少し手を加えるとよりリアリティがでるでしょう。ちなみに「本を読まないで書く」場合には必須の表現です。

Read More

読書感想文の書き方:基本8(読み手を考える)

ノンフィクションより小説などのフィクションのほうがもしからしたら感想文を書きにくいかもしれません。その場合に意識することは、

  • 読み手が誰なのか考える
  • 物語のもとにある考えは何かを考える

今回は読み手が誰かを考える、について説明します。

Read More

読書感想文の書き方:基本7(その他加えるといいこと)

もっとほかに書きたいという人がいるかもしません。そういう人は次のようなことを書き加えるいいでしょう。

どうしてその本を知ったのか、について書く
その本との出会いについてかくといいでしょう。例えばほんと読んだことがない人は次のような感じでしょうか。

Read More

読書感想文の書き方:基本6(まとめを書く)

最後にまとめとしてこの本を読んでどうしたいかを書くといいでしょう。特に学校の宿題の場合、読書感想文を読む人は先生です。賞におうぼしないかぎり、あなたの感想文はおそらく先生一人しか読みません。よって、先生の好きそうなことを書けるとよりいいでしょう。

Read More

読書感想文の書き方:基本5(思ったこと、感じたことを書く:その2)

読んだあとの印象で文章が書けたら、次は印象に残った場面について書きます。印象に残った場面はどこでしょうか。まずその場面を説明します。それからその場面はなんで印象に残ったのですか?その理由を書きます。おそらく、なにか感じたのだと思います。その気持も書きましょう。 おもしろかった、怒った、泣いた、などいろいろあると思います。

Read More

読書感想文の書き方:基本4(思ったこと、感じたことを書く:その1)

自分の思ったこと、感じたことを書く

あらすじの次は自分の思ったこと、感じたこと、考えたことを書きます。感じることがまったくない、という人もいるでしょう。私もそうでした。感じるというよりも何がかいてあるかまったくわからない、ということのほうが多かったような気がします。実際に自分がどう思っているかというのを自分で知るのはとてもむずかしいのです。大人でもなかなかできません。
ではどうすればいいでしょうか?

Read More