「犬が来る病院」:読書メモ(かため)

お知らせ:2020年8月17日更新→

こちらが書き直していないメモです。

かつて実家で犬を飼っていたこと
子犬のとき散歩に連れて行きたかったこと。
いう事聞かなかったときいじめたこと
今、それを反省していること。

プロの写真家の撮る写真がいい。
仕事柄写真を撮ることがある。こんな写真が撮れたらいいな、と思う。
先行する写真絵本があるようだ。手にとってみたい。

私も入院したことがある。
棟の反対側が小児病棟だった。
子どもたちの治療様子がよくわかる。

社会人になりしばらく経過すると自分の本当の感情を隠すことに慣れる。
この本にあるような子供の素直な感情表現はとても新鮮だ。

聖路加に勤務していた知人がいた。院長について、病院の取り組みについて何度となく話を聞いたことがある。

同級生が進級する中、自分ひとりが入院しているためそれから取り残される焦燥感。若いがゆえの他人との比較。異質になることへの強烈な拒絶とそれを受け入れることへの葛藤。

費用対効果。
病院に損得、効率を持ち込むべきか。
人手のかかること=お金のかかること、治療を受けることができるヒトも限られている。

がん治療の過程を追体験させることによる一般への啓蒙

課題図書でなければ読むこのことはなかった。通常はビジネスなどの本が中心。

タイトルにミスリードのきらいがある。動物中心に書かれておらず、子供の患者の様子や治療についての記述が半分以上。もっと、動物と治療をとりまく様子について触れるべき。

同病院の考え方に通底するキリスト教の教義。神と個人との関係性による個人の絶対化。

コメントする