「ストロベリーライフ」:読書メモ(かため)

お知らせ:2021年8月29日更新

今年の課題図書「ストロベリーライフ」の読書メモです。一気に読めるのはいいのですが、小説としてはいまいちです。よって、メモも批判的なものになってしまいました。小説の場合は読み手の好みがありますね。肯定的な意見と、否定的な意見は好みによっても左右されます。

登場人物の設定が悪い。 まず主人公。広告代理店勤務であれば一般的に高所得。
また、独立できるぐらいのクリエイティブディレクターなら配偶者もかなり知的のはず。登場人物のバックグラウンドとキャラがあっていない。登場人物が多すぎるか。それぞれのキャラを十分に説明できていないため、うるさい感じがする。

息子がキラキラネーム。意味がない。

Uターンして農業、しかも付加価値のある果物の生産という設定はいい。作業のディテールも語られ、農作業の大変さも伝わる。いちごの作り方は勉強になった。

しかし、キャラづくりをもっと考えても良かったのでは?あるいは当初の設定は違っていて、マーケティングの観点から安っぽいドタバタ劇を組み込んだのかもしれない。

そう考えると設定している読者層を見誤っているように思う。もっとキャラクターを 作り込めばキャラが勝手に動いて、もっと面白い話になったのではないかと思う。ステレオタイプな設定だし、穿った見方をすると、ちょっと差別的でもある。また、キャラを無理に動かしている感が否めない。

変なところにディテールがありすぎる。料理のレシピとか。もう少しストーリーに重要なところに誌面を割くべき。
反対にディテールが甘いところがある。ネットの記述の部分とか。

新聞連載小説を単行本にしたということだが、単行本化にあたり編集者の方でもう少し手を入れられなかったのだろうか。

まあ、現在小説なんてこんなもんなのだろうか。漫画を読むように軽く読みたい人むけ。人に本書を勧めるかどうかを聞かれれば、勧めない。

閑話休題。
もし、あなたが大学に行ける状況にあるのなら、できるだけランクの高い学校へ行ったほうがいですよ。今はわからないかもしれませんが、ランクの高い学校を卒業していると、もたらされる機会が段違いです。学校名というのは一生背負っていくことになります。途中で変えたくても変えられません。
今からでも遅くないですからスタディーサプリをやったほうがいいですよ。かつて有名予備校の有名講師の授業は東京でしか受けれませんでしたが、今はどこに住んでいても、スマホで、何回でも見れて、しかも安い。正直、だれでも東大に行けますよ。リアル「ドラゴン桜」です。やってない人は夏休みだけでも試してみては?

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服 14日間無料でお試し

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントする