読書感想文の書き方:基本6(まとめを書く)

お知らせ:2021年8月29日更新

最後にまとめとしてこの本を読んでどうしたいかを書くといいでしょう。特に学校の宿題の場合、読書感想文を読む人は先生です。賞におうぼしないかぎり、あなたの感想文はおそらく先生一人しか読みません。よって、先生の好きそうなことを書けるとよりいいでしょう。

残り少ない学校生活を有意義に過ごしたい。
一日一日を大切にしようと思った。
明日から早起きして家の手伝いをする。
友達のXXにもこの本を読ませたいと思った。なぜなら、彼は感動する物語が好きだからだ。

また、もし読んだ本が課題図書なら、中にはお説教くさいものもあります。そのお説教をきいて、反省した、というようなことがかけると、先生の反応もいいと思います。口にだすのがちょっとはずかしいような文章になってしまうかもしれません。でも、それでいいのです。書いているうちに慣れてきます。

これで、基本的な書きかたを見ました。
あらすじを書く
感じたこと、考えたことを書く、
まとめを書く、ができれば読書感想文は書けます。

つづきます。

(Visited 25 times, 2 visits today)

コメントする