このサイトについて

お知らせ:2020年8月17日更新→

夏休みといえば読書感想文。

私は読書感想文が本当にイヤでした。夏休みの計画などなく、宿題はすべて後回しでした。なかでも読書感想文は一番最後までやりませんでした。でも、絶対に提出しないといけないと思っていたのでしょう。夏休みの最後の日やその翌日にフーフー言いながら書いた記憶があります。振り返ると、書いたと言っても、とても感想文とはいえるものではありませんでした。あらすじをなぞったようなものだったと思います。クラスメイトの中には「あとがきを読んで感想文を書いた」というツワモノもいました。それをまねしようと思ったのですが、うまくできなかったとも記憶しています。

でも、いつのころからか、読書感想文をはじめ、文章を書くのが苦痛ではなくなりました。むしろ、今では文章を書きたいぐらいです。不思議ですね。そんな私が、当時こんなページがあったらよかったな、こんなことを知っていたら読書感想文が書けたかもしれないな、という思いをこめて、このサイトを作りました。このサイトが読書感想文で困っている一人でも多くの人の助けになればとてもうれしいです。

本サイトでは私なりに考えた読書感想文の書き方をお伝えしています。文章の書き方については、簡単なものから難しいものまでいろいろな本が出ています。それらを広く、深く見ていくのも良いのですが、時間がかかります。このサイトでは宿題の読書感想文をやっつける、ということを基本においています。また、流行りの小説や課題図書を読んで、私が書いた読書感想文ものせています。その感想文をそのまま、あるいは適当に変えて宿題などに使っていただいても結構です。

私は中学生や高校生は夏休みは好きなことをやればいいと思っています。皆さん、スポーツ、習いごと、友達との遊びなど、それぞれ忙しいと思います。せめて読書感想文だけでも、時間をかけずにパパっと終わらせてしまいましょう。